wolfSSL 5.6.6をリリースしました

バージョン 5.6.6 には、4つの脆弱性の修正、障害修正、新機能、およびいくつか機能強化を含んでいます。修正した脆弱性については、脆弱性ページをご覧ください。 このリリースの新機能には、ハードウェア デバイス (STM32WL55) のサポート、ESP32 デバイス (ESP32-C3、ESP32-C6、ESP32-S2) の新しいハードウェア暗号のサポート、改良された DTLS 1.3 セッ…… もっと読む

wolfSSLのRoot of Trust

IoTシステムのクライアント側のデバイスは、屋外や公共の場に設置したり不特定多数に向けて販売するなど、サーバ側とは異なる多様なセキュリティの脅威に晒される場合が多くあります。システムのセキュリティ要件に沿って、IoTデバイスは通常のサーバー側とは異なるセキュリティレベルやその実現方法を求められることも多くあります。そうした場合に、ハードウェアレベルのセキュリティ要件を達成するために用いられる信頼の…… もっと読む

S/WベースのエントロピーソースwolfEntropy

wolfEntropyは、wolfSSLチームが開発したソフトウェア ベースのエントロピーソースです。さまざまなキャッシュレベルにわたるメモリアクセスにおけるタイミングジッターの変動を利用して、エントロピーを生成します。wolfSSLv5.5.4から利用可能になり、まずWindows向けにサポートしました。 これにより、ハードウェアベースのエントロピー ソースを組み込むためにハードウェアを再設計…… もっと読む

wolfBootがサポートしているターゲットH/W

wolfSSLでは、製品のポータビリティの高さも主眼に置き開発を進めています。私たちのプロジェクトが実際に適用できるかは、プロジェクトがさまざまな環境で実行でき、さまざまなユースケースをサポートできるかどうかにかかってるからです。SSL/TLSライブラリであるwolfSSLが実行可能なターゲットのリストのほんの一部分を公開しました。私たちのセキュア ブートローダーwolfBoot は同じ…… もっと読む

wolfBoot はポスト量子暗号アルゴリズムXMSS/XMSS^MTをサポート

多くの新機能と拡張機能を追加して、 wolfBoot v2.0 をリリースしました。ポスト量子署名サポートの(ひとまずの)完成形として、従来のLMS/HSSに加えてXMSS/XMSS^MTによるテートフルなハッシュベース署名 (HBS) スキームをサポートを追加しました。 XMSS(eXtended Merkle Signature Scheme)は拡張マークル署名スキームと呼ばれ…… もっと読む

wolfBootはRenesas RX72Nをサポートしました

wolfBootがRenesas RX72Nをサポートしました。RX72N MCUは、32ビットRX72N 240MHzマイクロコントローラを使用したRXシリーズのフラッグシップ モデルです。 wolfBootは、ファームウェア認証とファームウェア更新メカニズムを提供するポータブルセキュアブートローダーソリューションです。 ミニマルなデザインと小さなHAL APIにより、wolfB…… もっと読む

wolfProviderのお知らせ

興味を持っていただけるのではと自負しているwolfSSLの新製品をご紹介します。このお知らせは、該当する方にとっては、痛みを伴う決断をすこし和らげることができると信じています。 痛みを伴う決断とは、OpenSSL1.1.1からの次のバージョンへの移行のことです。既にOpenSSL 3.xシリーズに移行されましたか? OpenSSL1.1.1はつい9月にサポート終了となりました。多大な時間と…… もっと読む

wolfMQTT v1.17.0をリリースしました

wolfMQTT v1.17.0をリリースしました。ダウンロードはこちらからできます。本リリースには以下に示す様にいくつかの不具合修正と最適化を含んでいます: 実行ブロックの直後に宣言を移動(@lealem47 によるPR#341) QNX IDEのサポートを追加( @JacobBarthelmeh によるPR#317) cmakeを使ったビルド用に名前空間の指定を使用するよ…… もっと読む

wolfSSL 5.6.4 をリリースしました

wolfSSLバージョン5.6.4リリースをお知らせします。弊社サイトよりダウンロード可能です。このリリースでは、多くの新機能を追加しました。DTLS1.3でのポスト量子暗号サポート、LMS/HSSポスト量子暗号サポート、Adaバインディング、SM2暗号スイートの追加サポート、AES EAXモードなどを追加しました。 このリリースには、品質修正と脆弱性(1件)に関する通知も含んでいます。 項目の…… もっと読む

wolfCryptはAES EAXをサポートします

AES EAXとは? AES(Advanced Encryption Standard)は、TLS1.3プロトコルでは主要なブロック暗号アルゴリズムです。AESには利用モードがいくつか存在し、CCMやGCMなどのモードが挙げられます。EAXはこの利用モードの一つで"Encrypt then Authenticate then Translate"を意味します。EAXモードは、CTR…… もっと読む

Posts navigation

1 2 3 4 5 6 7 8 61 62 63