wolfSSL、Open Whisper SystemsのSignalをサポート


wolfSSLはOpen Whisper Systems のSignalプロトコルCライブラリのサポートを開始しました!
基本的な暗号化エンジンとしてwolfCryptを使用して、Signalアプリケーションを開発することができます。
Signalプロトコルについては、GitHubのページをご参照ください。「同期および非同期メッセージング環境で動作するラチェット転送秘密プロトコル」と紹介されています。

wolfCryptシグナルプロトコルのインテグレーション:

設計上、Signal プロトコルCライブラリはSSL/TLSや暗号ライブラリに依存しません。代わりに、Signalは、アプリケーションが実行時に暗号プロバイダを登録できるようにしています。wolfSSLでは、wolfCrypt暗号ライブラリを “libsignal-protocol-c” テストコードに移植し、wakeSSLの暗号を使ってlibsignal-protocol-c テストプログラムをビルドするCMake設定を追加しました。
このビルドオプションとwolfCryptの統合により、Signal アプリケーション開発者はOpenSSLの代わりにwolfSSLの暗号を使用することができます。フットプリントサイズが小さく、メモリ使用量が少なく、プラットフォームが幅広くサポートされているため、アプリケーション開発者は、リソースが制約されている小規模なプラットフォームや組み込みシステム上で、Signal Protocol Cライブラリを簡単に使用できるようになります。
さらに詳しい情報は弊社問い合わせ窓口 (info@wolfssl.com, info@wolfssl.jp: 日本語)までお問い合わせください。
原文: https://www.wolfssl.com/securing-mysql-using-wolfssl-ssl-tls-library/
wolfSSLホーム:www.wolfssl.jp (English:www.wolfssl.com)